花を守る人。桜の花の番人。桜守。 春》「―や白きかしらをつきあはせ/去来

[補説]書名別項。→花守

横瀬夜雨の詩集。明治38年(1905)刊行。

出典:青空文庫