• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 花の咲いている。橘の花。 夏》「駿河路や―も茶の匂ひ/芭蕉

  1. 襲 (かさね) の色目の名。表は朽葉 (くちば) 色、裏は青。

  1. 香の名。軽くやわらかで涼しい香をもつ。

  1. 紋所の名。柄のついた6個の小さな橘の花を向かい合わせ、その下に大きな橘の花を配したもの。