• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

歌舞伎作品の一。長谷川時雨の脚本による史劇。海事協会が募集した懸賞脚本の当選作。応募時の題名は「覇王丸」で、明治41年(1908)「演芸画報」に掲載。同年、6世尾上菊五郎らが出演して初演。歌舞伎座で上演された、初めての女性脚本家による作品として知られる。

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉