• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ハナゴケ科の地衣類。高山や寒冷地に群生。全体が樹状に分枝し、高さ3~10センチ、灰白色。枝の先に子器 (しき) がつき、暗褐色。北極圏ではトナカイの飼料に利用。となかいごけ。

[生物/植物名]カテゴリの言葉