• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《平安時代に慣用された歌語。宮中の庭掃除の男が、を食べる后を御簾 (みす) の隙から見て思いを寄せ、芹を摘んでは御簾の辺りに置くが、そのかいもなく、ついに焦がれ死にしたという故事から》思いが通じない。思いどおりにならない。

「―・みし世の人にも問はまほしき御心の中」〈狭衣・三〉