[動マ五(四)]

  1. 芽が出はじめる。芽吹く。「木々が―・む春」 春》「―・むなる大樹の幹に耳を寄せ/虚子

  1. ある感情・状態などのきざしが見える。

    1. 「はやくも破局は十分に―・んでいた」〈里見弴多情仏心

出典:青空文庫