[副]《形容詞「いやし」の連用形+係助詞「も」から》
  1. 仮にも。かりそめにも。「苟も人の上に立つ者のすべきことではない」

  1. もしも。万一。「苟もこれが事実なら、早急に対処すべきだ」

  1. (あとに打消しの語を伴って)いいかげんに。おろそかに。「一字一句を苟もせず」

    1. 「畢生の事業として研究する積りでいるのだから、―筆を著けたくない」〈鴎外・かのやうに〉

  1. 不相応にも。柄にもなく。

    1. 「―勅命をふくんで、しきりに征罰を企つ」〈平家・七〉

  1. まことに。

    1. 「さうしたお心を聞いてから、―いやましに思ひがこうなりました」〈浮・歌三味線・一〉

出典:青空文庫