• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[接]《漢文訓読から生じた語》
  1. (主に「もしは…、もしは…」の形で)それぞれの場合があることを示す。あるいは。または。

    1. 「―伴のつはものに身をあたりぬべく、―世の中にいみじき目見給ひぬべからむ時に」〈宇津保・俊蔭〉

  1. (「…もしは…」の形で)どちらか一方が選ばれることを示す。あるいは。もしくは。

    1. 「例の人は、案内する便り―なま女などして言はすることこそあれ」〈かげろふ・上〉