• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

浄璃瑠の一。貞享・元禄(1684~1704)のころ、3世杵屋喜三郎の門弟若山五郎兵衛が、江戸で語り出して流行した。