• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 小潮 (こしお) から大潮に向かって、干満の差がしだいに大きくなる時期の潮。陰暦の11日と26日ごろにあたる。

  1. 西日本で、元旦に年男が海から潮水をくんできて神に供える行事。また、その潮水。 新年》