• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「じゃく」は「若衆道」の「若」を音読したもの》男が少年を愛すること。男色。にゃくどう。

「女道のいやしく―の華奢なる道を問答し」〈仮・田夫物語〉