• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ふだんは信仰心を持たない人が、病気や災難で困ったときだけ神仏に祈って助けを求めようとすること。