• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

[名・形動]

  1. 所きらわずひっかくこと。また、そのさまや、そのあと。

    1. 「顔や手足を―にして逃出した器量人もあった」〈魯庵社会百面相

  1. みだらなこと。みだりがわしいこと。また、そのさま。

    1. 「実にろんどんじゃあ、女がそんなに―かネ」〈魯文西洋道中膝栗毛

  1. あとさきを考えないで行うこと。乱暴なこと。また、そのさま。向こう見ず。無鉄砲。

    1. 「そんな―な事を言ってくれえ込んだらどうするのだ」〈伎・櫓太鼓鳴音吉原〉