• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

茶屋で働く女。求めに応じて身を売ることもあった。遊女を傾国といったのに擬した語。茶立て女。

「枝は木槲 (もっこく) 我が身は―、うるさき里の勤めぞと」〈浄・生玉心中