• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

麻地に藍を主色とし、糊置 (のりお) きの方法を用いて、花鳥・山水などを表す模様染め。寛永(1624~1644)ごろに始められたといわれ、武家女性が夏の帷子 (かたびら) に用いた。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉

[生活/ファッション]カテゴリの言葉