[名]
  1. ツバキ科の常緑低木。暖地に自生。葉は長楕円形で厚くつやがある。秋、白い5弁花を開く。原産地は中国の四川雲南貴州など霧の多い山岳地方。若葉を緑茶などとするため広く栽培され、延暦24年(805)に最澄が中国から種子を持ち帰り栽培したのが始まりという。日本では5月ごろから8、9月ごろまで3、4回摘む。ちゃのき。めざましぐさ。 花=冬》「―の花に今夕空の青さかな/万太郎

  1. 1の若葉・若芽を摘み、飲料用に製したもの。葉茶。また、その飲料。製法により玉露煎茶番茶など種類が多い。一般に日本茶(緑茶)をさすが、発酵させた紅茶中国茶もある。「茶をいれる」

  1. 抹茶をたてること。点茶。また、その作法。茶の湯。茶道。「お茶を習う」「茶をたしなむ」

  1. 茶色」の略。「茶のセーター」

[名・形動]ちゃかすこと。からかうこと。また、その言葉や、そのさま。「茶を言う」
    1. 「そんな地口のやうな―な事ではなく」〈黄・忠臣蔵前世幕無〉