• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 草の上に宿ること。野宿。

    1. 「我が如く物や悲しききりぎりす―に声たえずなく」〈後撰・秋上〉

  1. 草ぶきの小さな家。草のいおり。

    1. 「嵐吹く―に我をおきて袂の露ときゆる秋かな」〈正徹千首