• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 草で屋根をふいた庵 (いおり) の木戸。草庵の戸。

    1. 「卯 (う) の花の垣根ばかりは暮れやらで―ささぬ玉川の里」〈夫木・七〉

  1. 簡素なわび住まい。草庵。

    1. 「―も住みかはる代ぞ雛 (ひな) の家」〈奥の細道