[名]《旅先で、草で仮に編んだ枕の意から》旅寝すること。旅先でのわびしい宿り。くさのまくら。
    1. 「衣うつ音を聞くにぞ知られぬる里遠からぬ―とは」〈千載・秋下〉

[枕]
  1. 「旅」「旅寝」および同音の「度 (たび) 」にかかる。

    1. 「―旅にしあれば」〈・一四二〉

  1. 《草の枕を「ゆふ」意から》「結ふ」および同音の「夕 (ゆふ) 」などにかかる。

    1. 「―夕風寒くなりにけり衣うつなる宿やからまし」〈新古今・羇旅〉

  1. 地名の「多胡 (たご) 」にかかる。

    1. 「―多胡の入野の奥もかなしも」〈・三四〇三〉

[補説]3については、頭音が「旅」と同じ「た」であるところからとする説がある。書名別項。→草枕

夏目漱石の小説。明治39年(1906)発表。旅に出た青年画家を主人公に、非人情の境地を描く。

出典:青空文庫