• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

外村繁の長編小説。昭和10年(1935)、「世紀」誌に発表、同年の第1回芥川賞の候補作となる。単行本は昭和13年(1938)刊。近江商人であった自家をモデルとする大河小説で、戦後に発表した「」「花筏」とあわせ、3部作をなす。