• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

草茅危言の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

国政に対して浴びせられる民間の批判の声のこと。▽「草茅」は草むら。転じて、朝廷・官界に対する民間・在野の意。草莽そうもうに同じ。「危言」は厳しい言葉。
出典
李覯りこう「袁州学記えんしゅうがくき
句例
草茅危言に耳を傾ける

草茅危言の解説 - 学研 四字熟語辞典

在野の立場からの、政府に対する激しい批判。為政者や行政に対する民間の厳しい非難。
注記
「草茅」は、草と茅ちがや。草むらの意から転じて、在野や民間のこと。「危言」は、正しいことを率直に言うこと。また、苦言・諫言かんげん
出典
李覯りこう「袁州学記えんしゅうがくき