• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

草の葉を敷いて寝床とし、野宿すること。

「萌え出づる―や惜しからん焼け野に帰る夕ひばりかな」〈新撰六帖・二〉