• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

荊妻豚児の解説 - 学研 四字熟語辞典

自分の妻子のことを謙遜していうことば。
注記
「荊」は、イバラ(とげのある低木)のこと。「荊妻」は、中国の後漢の時代に梁鴻りょうこうという人の妻がイバラのかんざしをさし、つましい身なりをして夫に仕えたということから、自分の妻を謙遜けんそんしていうことば。「豚児」は、豚の子のことで、自分の子を謙遜していうことば。主に手紙の中で用いる。

キーワード[謙虚・謙遜]の四字熟語