《「あらかき」とも》

  1. すきまの大きい垣根。

  1. 神社の外側を囲う目の粗い垣根。