• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 鵜飼いで、まだ慣れきらず野性の残っている鵜。 夏》「舟梁 (ふなべり) に細きぬれ身や―共/太祇

  1. 気負い立った鵜。 夏》