• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 奈良時代、生産物を貯蔵する倉を中心として周辺に園地を配した一区画。

  1. 荘園」に同じ。

  1. 昔の荘園の名を残した土地の名称。「五箇の―」

  1. 日本の植民地であった時代の台湾の行政区画の一。街より小さく、社より大きい。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉