菅原道真の解説 - 小学館 大辞泉

[845~903]平安前期の公卿・学者・文人。是善 (これよし) の子。宇多天皇の信任が厚く、寛平6年(894)遣唐使に任ぜられたが献言してこれを廃止。延喜元年(901)藤原時平の中傷により大宰権帥 (だざいのごんのそち) に左遷され、配所で没した。学問・書・詩文にすぐれ、菅公と称され、後世、天満天神として祭られる。編著「三代実録」「類聚国史」「新撰万葉集」など。詩文集に「菅家文草」「菅家後集」がある。→天満宮

[日本史/平安時代までの人物]カテゴリの言葉

出典:gooニュース