• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
狂言。和泉 (いずみ) 流大蔵流では「茫々頭 (ぼうぼうがしら) 」。無断で京都見物した太郎冠者が、菊の花がきっかけで上﨟 (じょうろう) に誘われ、そこで盗みをはたらいて恥をかいたことなどを主人に語る。
《原題、(イタリア)I Crisantemi》⇒

[演劇・映画/能・狂言の作品]カテゴリの言葉