• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

陰暦9月9日、重陽 (ちょうよう) の節句に行われた慣習。前夜、菊の花に霜よけの綿をかぶせ、その露と香りを移しとって、翌朝その綿でからだをなでると、長寿を得るといわれた。きせわた。きくわた。 秋》

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉

[秋/行事]の季語