• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 左右に分かれて互いに菊花を出し、その優劣を争う遊戯。歌をつけて競うことが多い。

  1. 菊の花を持ち寄って、花輪の美、作柄などを品評して優劣を争う催し。菊くらべ。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉