• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 2」に同じ。

  1. 女房の重ねの袿 (うちき) の配色の一。表着 (うわぎ) は白、袿は五衣 (いつつぎぬ) で白・白・薄紫・薄紫・紫とする組み合わせなど、いろいろある。秋に着用する。

  1. 菊座 (きくざ) 1」に同じ。

  1. 《菊月が重なる意から》陰暦で、閏 (うるう) 9月。