• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

端午の節句に着た浴衣。しょうぶゆかた。

[補説]曲名別項。→菖蒲浴衣

長唄。2世杵屋勝三郎・3世杵屋正次郎作曲。安政6年(1859)初演。勝三郎と5世芳村伊三郎との和解を記念し、また浴衣の宣伝もかねて作られたという。