1. (梵)bodhidrumaの音写》クワ科のテンジクボダイジュの別名。釈迦がその下で悟りを開いたとされ、原産地インドでは無憂樹 (むゆうじゅ) 娑羅双樹 (さらそうじゅ) とともに三大聖木とされる。

  1. シナノキ科の落葉高木。葉は三角状卵形で、裏面は白い。夏、香りのある淡黄色の小花を下向きにつけ、実は球形で堅い。中国の原産で、寺院で1の代用として植える。同属別種にシューベルトの歌曲名として知られるリンデンバウム(セイヨウボダイジュ)がある。 花=夏 実=秋》「―の実を拾ひをる女人かな/虚子

  1. 禅宗で、悟りのこと。

[補説]作品名別項。→菩提樹

《原題、(ドイツ)Der Lindenbaumシューベルトの歌曲。ホ長調。連作歌曲集「冬の旅」の第5曲の題名。同歌曲集の中でもっとも有名。

出典:青空文庫