大乗経典。華厳宗の根本聖典。漢訳には東晋の仏駄跋陀羅 (ぶっだばっだら) 訳の60巻本、唐の実叉難陀 (じっしゃなんだ) 訳の80巻本、唐の般若 (はんにゃ) 訳の40巻本の3種がある。釈迦が成道 (じょうどう) した悟りの内容を表明した経典とされ、全世界を毘盧遮那仏 (びるしゃなぶつ) の顕現とし、法界縁起・無尽縁起を説く。大方広仏華厳経。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

出典:青空文庫