• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

華胥之夢の解説 - 学研 四字熟語辞典

昼寝のこと。また、よい夢のこと。
注記
中国の伝説上の聖天子である黄帝こうていは、ある日、昼寝をして夢の中で華胥という国へ行ったところ、そこは平和な理想郷であった。夢から覚めて、黄帝はその国にならって自分の国を治めたという説話から。
出典
『列子れっし』黄帝こうてい

キーワード[動作]の四字熟語

キーワード[夢]の四字熟語

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。