• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

[動ダ下二]

  1. 草木が芽を出しはじめる。芽ぐむ。

    1. 「石 (いは) 走る垂水の上のさわらびの―・づる春になりにけるかも」〈・一四一八〉

  1. 心の中に生じる。きざす。

    1. 「春くれば雪の下草下にのみ―・づる恋を知る人ぞなき」〈新勅撰・恋一〉