• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 鎧 (よろい) の威 (おどし) の一。上から下へしだいに萌葱色を薄くしたもの。もえぎにおいおどし。

  1. 女房の装束または懐紙の襲 (かさね) の色目の名。下から上へしだいに萌葱色を薄くしたもの。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉

[生活/ファッション]カテゴリの言葉