• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

萩原朔太郎の解説 - 小学館 大辞泉

[1886~1942]詩人。群馬の生まれ。「月に吠 (ほ) える」「青猫」の2詩集を出して口語自由詩による近代象徴詩を完成、以後の詩壇に大きな影響を与えた。他に詩集「純情小曲集」「氷島」、詩論「詩の原理」、アフォリズム集「新しき欲情」「虚妄の正義」など。

萩原朔太郎の解説 - SOCKETS人物データベース

大正・昭和を代表する幻想詩人。高村光太郎とともに口語自由詩の確立者と評価されている。代表作に『月に吠える』など。
出生地
群馬県
生年月日
1886年11月1日 さそり座
没年月日
1942年5月11日(享年55歳)