[名](スル)
  1. 敵に城を攻め落とされること。「兵糧攻めで落城する」

  1. もちこたえられず降参すること。また、くどかれて拒みきれずに承知すること。「泣き落としにかかって落城する」

[補説]書名別項。→落城

田宮虎彦の歴史小説。昭和24年(1949)発表。東北地方の架空の藩、黒菅の悲劇を描いた連作小説の一つ。同作を表題作とする小説集は他に「末期の水」「菊の寿命」などの作品を収め、昭和26年(1951)刊行。

出典:青空文庫