• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

落筆点蠅の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

過ちをうまく処理して、逆に上手に仕上げること。画家のすぐれた技をいうたとえ。誤って筆を落としてつけた墨の汚れを、うまく蠅はえに描く意から。▽「落筆」は筆を落とすこと。「点」は描く意。「落筆らくひつはえを点てんず」と訓読する。
出典
『呉志ごし』趙達伝ちょうたつでん
故事
中国三国時代、呉の画家曹不興そうふこうが孫権そんけんの命を受けて屏風びょうぶに絵を描いていたとき、誤って筆を落としてつけた汚れを、巧みに蠅に描き変えてしまったという故事から。
goo辞書からアプリ誕生!文章作成×辞書検索 idraft by goo

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。