• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

落花啼鳥の解説 - 学研 四字辞典熟語

自然の趣や詩情。花は散り、鳥は山中で鳴いているという、晩春の寂しげな自然の風景のこと。
注記
「落花」は、花が散ること。「啼鳥」は、鳥の鳴き声。出典の「春眠しゅんみんあかつきを覚おぼえず、処処しょしょ啼鳥ていちょうを聞く、夜来やらい風雨ふううの声こえ、花はなつること知る多少たしょう」による。
出典
孟浩然もうこうねん「春暁しゅんぎょう
用例
落花啼鳥の情けも心に浮ばぬ。蕭々として独り春山を行く吾の、いかに美しきかはなおさらに解せぬ。初めは帽を傾けて歩行た。後にはただ足の甲のみを見詰めてあるいた。〈夏目漱石・草枕〉

キーワード[景色]の四字熟語

キーワード[ものさびしい]の四字熟語