• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

散る花は流水を慕うが、川の水はそ知らぬ顔で流れてゆく。一方に情があっても相手に通じないことのたとえ。