• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

風や月光、霜などが葉と葉を分けて、間に入り込むこと。また、1枚1枚の葉。

「朝日さす光を見ても玉笹の―の霜を消 (け) たずもあらなむ」〈・藤袴〉