• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

膜翅 (まくし) 目ハキリバチ科の昆虫の総称。ミツバチに似るが、腹面の毛が長く、ここに花粉をつけて運ぶ。発達した大あごをはさみのように使って葉を丸く切り、巣の材料に使う。バラハキリバチなど。

[生物/動物名]カテゴリの言葉