• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

膜翅 (まくし) 目ハバチ科および近縁の科の昆虫の総称。体は多くが黒色で胸部と腹部との間がくびれず、毒針はない。産卵管はのこぎり状をし、植物の茎や葉に傷をつけて卵を産む。カブラバチなど。のこぎりばち。

[生物/動物名]カテゴリの言葉