• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

江戸中期の武士の修養書。11巻。正しくは「葉隠聞書 (はがくれききがき) 」。鍋島藩士山本常朝 (やまもとつねとも) の談話を田代陣基 (たしろつらもと) が筆録。享保元年(1716)成立。尚武思想で貫かれる。葉隠論語。鍋島論語。

[文学/江戸時代までの作品]カテゴリの言葉

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉