[名](スル)世間によく知られていること。
  • 「当時天下にその名が―していた浄蔵法師」〈谷崎・少将滋幹の母〉