• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[枕]葛の葉が風に吹かれて白い裏を見せるところから、「うら」「うらみ」などにかかる。
  • 「―うらみにかへる夢の夜を忘れがたみの野辺の秋風」〈新古今・雑上〉