• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

大和葛城山に住むとされる神。一言主神 (ひとことぬしのかみ) をいう。役 (えん) の行者の命令で葛城山と金峰山 (きんぶせん) との間に岩橋を架けることになったが、容貌 (ようぼう) の醜いのを恥じ、夜しか働かなかったので完成しなかったという伝説から、物事が成就しないときや、顔の醜い人などの例に引かれる。→久米の岩橋

「つたなや蔦 (つた) の葉の―姿、恥づかしや由なや」〈謡・定家

[宗教・思想/神道]カテゴリの言葉