• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

葛西善蔵の解説 - 小学館 大辞泉

[1887~1928]小説家。青森の生まれ。自らの生活の苦悩を描き、破滅型の私小説作家といわれる。小説に「哀しき父」「子をつれて」「放浪」「湖畔手記」など。

[文学/明治以降の作家・文学者]カテゴリの言葉